喪主を決める方法

身内が亡くなった場合は、お葬式を出します。このとき、お葬式を執り行うする主催者を決めなければなりません。

 

そのお葬式の代表者、それが喪主です。喪主は一般的に、

 

結婚している人がお亡くなりになった場合は、その配偶者が喪主

 

になります。

 

 

配偶者が亡くなっている場合

ですが、既に配偶者がお亡くなりになっている場合や、高齢であったり病気で入院中などの場合は、

 

その子どもたちが喪主になり、一般的には生まれた順で決める

 

ことが多いです。この場合はいわゆる長男ですが、

 

長男でなくとも、故人や配偶者と同居していた子ども

 

が次男であったり三男であっても、喪主を務めることがあります。いわゆる同居していた子どもの方が、故人とより親しいということです。

 

そして同居者がいない場合は、嫁いだ娘でも喪主を務めることはあります。故人に近親者がいない場合は、親しかった友人などです。

 

 

喪主と施主のちがい

喪主と施主はちがいます。

 

一般的には、遺族の代表者として葬儀を主催するのが喪主です。ですから、弔問を受けたりお礼をしたりるする代表者になります。

 

一方の施主は、

 

  • 金銭的にお葬式をバックアップする役割
  • お葬式後の法事などを主催する役割

 

を担います。通常は喪主が施主を兼任するカタチで喪主を務めるのが多いです。

 

 

喪主を決めるタイムリミット

最終的に喪主を決めるのは、

 

お通夜の前まで

 

です。葬儀会社さんなどと円滑に打ち合わせをして、まず最初の段階でお葬式の日程とともに決めましょう。

 

 

⇒おぼうさんどっとこむの口コミまとめ

 

喪主を決める方法と決めるタイムリミット